唐三彩は言葉を聞いたが、表情が複雑に非魚を一目見た,だ。けで、何も言わなかった。
彼は,、自分が人を追うことに夢中で、重要な問題を無視しているような気がする…。…

張三豊は状況を見て、右手が空を隔ててそっと振って、このように力で林平之を支えて、彼がどのように努力しても、。ひざまずくこ,とができない。
鳩摩智: 「小僧は突然深夜に参加荘を訪れたのは死者への不敬だと感じて、阿朱娘が言ったように、明日の朝に。また出発した,方がいい」




夜未明に「石に印をつける。のは難しいですか」と言われた。,
しかし、彼の口を待たずに、横でため息,をついたが、まず「助手!」と叫。んだ。
      • 大勢の人は表面的には。お互いに遠慮しているように見えるが、言葉の中にはいつも綿,里蔵針の味がついている。
      • 夜未明に目の前のこのbossを早く殺そうとしたとき、この幻想がどのような通関報酬を与えるかを見,たとき、赤尻猿はすぐに手を出さなかった。逆に手にした竹剣を虚空の中で3回続けた。
      ある時、向こうの三大名,人は、夜未明という簡単な。動きに圧倒された。
      「玉砕昆岡」を開いた後、夜未明の各属性はすべて向上し、攻撃力は再び報告されたが、この属性は80級の通腕,猿の前ではまだ十。分ではない。
        今、この手法を実戦に応用しようとし。ているのは、予想通り,の効果だ!
        案の定、このような陰険な男だけが、こんなに人をいじめて戦う方法を考。えるこ,とができ、孤独をだまして失敗を求めることができるのが一番だ!

        だから、夜未明に自分の体から別の,場所に話題を移すことにしたので、そっと笑いました。「実。は七七兄弟は言わないで、私もだいたい推測できるかもしれません」交戦場では、3月に王語嫣が話。を終えるのを待たずに、すでに怒号して、次々と埋葬月に向かった。後者はまだ王,語嫣の指示を真剣に聞いていて、突然三月の声にびっくりして、さらに主に三月は彼から更新され、声も高くなった王語嫣の言葉の最も重要ないくつかの言葉は、完全に三月という爆飲に隠されて、彼は何も聞いていない。