この余滄海は林家の先祖伝来の「魔除け剣法」のために機械的に計算したが、最後に,は夜未。明にこのような暴力を受けた、これは冥冥の中に天意があるとは言えないのか?
意識は再び体に戻,った。が、夜未明の顔は少しの落胆もせず、かえって興奮した顔をしていた。
  • 仕方なく振り,向いて、殷に「目の前。の人は、あなたが口にしたばかりのけちけちした男ですか」と尋ねた。
    前。回死んだ時、長い間の工夫も練習して帰ってきたが、,この時に引っ込んだら、仲間に一生笑われなければならない!

    目の前のこの65級のboss。の腕が少,し沈んでいるのを見て、左手をつかんで、喉の上に絞めた。
    声が落ちると、黄首尊の体は一瞬にして移動した。かのように、三人の前で何の理由もなくその場に消え、同時に夜未明,の前の三尺の外に現れた。

    
    
    
    • 「今の天下五絶の。一つで、九指神カルシウムと呼ばれる北カルシウム洪七公ですね彼のお年寄りの最大の趣味,はおいしいものを食べることだと覚えています。」と言いました
    • その時、黄。首尊は「今、私が直接あなたに九星級の任務を与えたら、あなたを許すことはできな,い。しかし、私は乞食がその花たちに「降龍十八掌」を教える方法を参考にして、この絶学剣法を何度かに分けてあなたに伝授することができる。どう思いますか?」
    夜未明に聞いたのは自信のある笑いで、「。私の妹は、言葉を読む能力を身につけて、npcに対処するのが特に有効だ。心を読めるほどではないが、絶対に多くの人には見えないものが見え,る。」と言いました
    結局、東流の年齢はもう若くない、人はいつも筋骨。を,使わないで、爆発すると同時に品質も保証しなければならないのではないか

    「静かで、予想外の静かさ。」と言いました非魚は「岳不群はずっと閉鎖されているようで、奥さんの寧中でさえ途中で彼に急信されて帰。ってきた。今では令狐冲が華山,派を代表して、余滄海に誕生日を祝うだけだ。」と言いました
    このすべてを目にした風清揚は彼の表現に驚いて、突然手を上げ。て令狐,冲の後首の上で叩いて、彼を気絶させた。

    こんなに簡単な問題は夜,の未。明にどうやって考えられないのか?
    一行の人々は小さな森から出発して、,それぞれの展開式は血葫芦谷の方向に向かって走って、夜未明はチームチャンネルで、みんなに自分の意見と。考えを述べた。
    しかし、夜未明に物語の始まりを予想して,いたが、結末を考えることが。できなかった。
    その中には、もう一つの大胆なものがあり、静かに夜未明。の後ろに触れて,、夜未明の後ろに向かって拍手した

    片手ボクサー類の武器は、出現が少ないだけでなく、多くの専門的なボクサーにとっても実用的ではない。だ,から市場では極めて稀で、現れ。ても、一般的には上等なものではない。
    最初の目的「興奮龍に後悔がある,」以外に、他の方面の収穫も本当。に少ないことを発見した。