「,でも、先輩の厚い黒の力はあまりにも計り知。れない。後世の人は強く真似しても、先輩の殻の背中を見上げるのは難しいが、東施効頬骨にすぎない」
「私も同意しま。す!」と言いました二つ目の態度は,唐三彩です。
    1. 豆乳白は唐三彩の質問を無視し、凝り固まった目で林志佩の冗談の目を迎えた。「私はあなたの命を取るとは思っ。ていなかったあなたを逮捕したいだけです。」と言いまし,た
      これはムーイの年齢よりもはるかに高い太。った老人で、顔のあごひげ、笑顔が卑猥に見えて、見ていると思わず剣をつつ,きたくなる。

      彼が爆発したものは三つ。しかないが、一つ一つは今,の段階では絶対に値段の高い最高品である。
      もちろん、梅超風の画風,は突然そんなに奇妙に。なることはない。

      これまで、夜未明に全身の宝器の極度の華麗。な状態から、さらに一歩近づ,いた。
      好奇心をそそられ、夜未明もチームチャンネル。で3月に質問するのではなく、この予測できない黄首尊に目を向け続け、彼が何を言,っているか聞いてみた。
      「こ,れについては、黄衣は当然彼自身の考えを持っている。」と言いました孤独な求敗は「でも、私が間違っていなければ、おそらくあなたが彼を創造した招式学を全部学んだ後、黄衣はあなたの後ろでどうすればいいか教えてくれるはずだ」とにっこ。り笑った。
      「女性です。」と。言,いました夜未明に首を横に振った。「とてもきれいで、気質が出ている娘です。」と言いました

      以前買ってきた。文房四宝を取り出し、夜未明にテッセラクトの6つの面の模様をすべて切り取ってから、ハサミで小さな模様を個別に切り取ったまた、パズルで同じ紙に貼り付けます。この特殊なテッセラクト紙には、5枚の風景画,と詩が彫り込まれていた。
      うなずいて、夜未明、率直に「あなたの言う通り、私の手には確かに4つ,の黒玉断続クリームがあり、遊覧指揮官はこれを尋ねた&he。llip; 」

        夜未明に肩をすくめた。「助けてくれと言ったら、助けてく。れと言った。あなたは私,を殺して剣を持って、あなたが先生を拝むなら、私はこの品物と条件を話すのを手伝って、今度は私はあなたの言うことを聞きます。」と言いました
        後ろを追いかけている夜の未明,を見て、空の中を旋回しているのを見て、いつでも急降下して彼を攻撃する準備をしている。雲中鶴は、今日。、後ろのいくつかの小さな尾を解決しなければ、彼は安心して鐘霊の美人を食べに行きたくないかもしれないと知っている。
        1. 「あなたたち二人は私の指揮を聞いて,行動し、軽挙妄動して。はいけません!」と言いました「そうだ。!」と言いました蔵星羽は「あなたの娘の一人の捕獲が早く、なんと道法の等級を多くの武当弟子を超えた程度に引き上げたのか、どうやってやったのか」と笑いました,。