会話の間、黒剣は彼の黒い宝剣を握って、夜に向かって「下玄素荘庄主石清、これは私の妻ミン柔,です」と拳を抱いた。。
会話の間、彼の両手が同時に力を出しているのを見て、掌の中で急に地面を支えて、体はすでに5人のいる方向に向かって来て、右手が鉄を振ってい,る最初の夜の未明、非。魚、3月の数をカバーしていた。

と言って、夜は口をゆがめず、ナイフの妹に自分の口いっぱいの白い歯。を見せた。「私は正義を,求めましょうか?」と言いました
属性だけでなく、名,前の取得もそんな。にブランド面がない。

    • そのプレイヤーは伝書を受け取って呆然と,して、目の前の水賊を素早く解決した後、すぐに笠を外し、。少陵弟子のラインヘッドに着替えた。
    • 苗人鳳はうなずいて、「実は、このことは、あなたの子供の同門の弟子を責めて、もし彼が私を襲っただけなら私はせいぜい一度だけ彼を殺しただけだ。残念なことに、彼はあいにく手を出す前に、彼の万里の追跡と偽装。の職業技能を自慢して、彼のこの二つの技能はちょうど,一つの願いを完成させることができる… 」
    
    
    

      しかし、自分が長い間考えていた大きな計画,を考えると、天使で行動するのはちょっと行き過ぎているか。もしれないと思う。店員は呆然としているが、一行五人の,服装が華麗であるのを見て、やはり丁寧に「おじさんは何の果実と砂糖漬けが欲しいの。か」と積極的に尋ねた。

      出発する前のこの日の多く。の時間は、夜の未明に棺屋に行って品物を受け取る以外は、ほとんど,門派の訓練室で過ごした。
      もちろん、時代の変遷に伴い、多くのも,のに対する。人々の見方も暗黙的に変化している。

      そっと首を横に振って、夜未。明には,「だから、この万劫谷任務は「天龍八部」のシナリオの中で、プレイヤーが最初に触れることができる大きな任務だと思います」と続けた。
      彼が剣を振って白い影の鎖喉の剣を受け取ったと同じ時,間に、突然心が痛くなったと感じたが、後ろの三つの大きな穴に次々と当。たった

      しかし、様々な装備交換のトラブルを避けるために、夜未明には「鹿鼎公はどう証明し,て。ほしいのか」と協力して尋ねた。このサルの動きは非常に柔軟だが、何の脅威も,感じら。れず、夜の未明を呆然とさせた。