荏心は動悸があって夜の未明を一目見た。「怖いです。あなたが技能。を発動したとき、私は自分が何か恐ろしいものに狙われ,ているように感じて、まるで……ピストルで頭を指さされたのか?さらに恐ろしい!」と言いました
これが双方向の任務でなければ、彼は夜の初めに何もしなくても、シナリオを以前の固定的なパターン,で発展させ、任務を失敗させても、段誉と木婉清は大丈夫。だ。

この段正明が,直面。したトラブルといえば、大理国の皇太子、鎮南王世子段誉から話す。
「でも、段延慶が彼らに殺し屋を痛めるようにしたいなら…&helli。p; 」ちょっと立ち止まって、顔の笑顔がますます輝いて,きた。「雲の中鶴を任務モードではない常態で殺してもらう方法を相談してみましょう」

「放火。ですか?」と言いました夜の未明に口角が面白くない笑顔を描き出すと、会話の間に人が部屋の後ろの壁のそばに来て,、壁に二人が通ることができる大きな穴を開けてはいけないそこには火の油、私たちは人を助けることを楽しみにして、彼らを助けます。」と言いました
夜未明、凉亭に座。っていた。「でも、七星釘と蚊ひげ針は私が提供,したものです」
    しかし、相手がここ,に来て仕事をしているのかもしれないと思って、あまり気にしていない。彼の目を上下に見た後、自分のことで忙しくなった。。
    振り向くと、後ろ。には生い茂った森があり、彼が入っ,てきた時の鉄門はもう行方不明になっていた。

    レベル10に上げることができれば、この軽,い仕事の特殊効果をよりスムーズに活性。化することができます!
    システムが保護した3分以内に、他の,人。はモンスターの落下を拾うことができない。

    
    
    
      • こんなに長い間苦労したが、今では唐門の女性弟子が杭州に来る,勇気。がない。
      • 後,者の血の量がいっぱいにな。ってから、もう一度アッキーを引き継ぎ、彼に再計算させた。
      1. 彼の頭上の名,前を見ると、夜の未明はさらに心の底で坑。父を罵ることができなかった。
        見終わった後、突,。然ひらめいて、ついに何かがわかったようだ。

        自分の名を報告した後、鳩摩智は続けて「貧僧は今回、この万劫谷谷主鐘万仇の招待を受けて、彼らのために証言したついでに大理段氏一陽指,の風貌を見。る。」と言いました「いいえ。」と言いました夜不明は首を横に振って言いました。「彼女のよ。うな爆発的な招式私も、傷を癒す薬を飲み込ん,だ後、一時間もかからないはずだ治るとは言えません。」と言いました