夜の未明は「どうした、。私の門派の技能があなたを怒らせ,たの?」と言いました
敵,の少ない阎基はもちろん、彼がめまいや昏睡状態になるかどうかを賭けて、小。橋の攻撃の異常を感じて、すぐに考えずに強三才を追撃し続けることをあきらめて、振り向いて刀に乗って回転したドアを閉める鉄扇のナイフを使って、小橋という致命的な剣をからかった。
沈万三は江南の首府として、外見からは普通の教師のように見えて、体が少し痩せて、体の服も普通の布衣で、全身の上下に。ぜいたく品が見つからな,い。
声が落ちると、黄首尊の体は一瞬にして移動した,かのよう。に、三人の前で何の理由もなくその場に消え、同時に夜未明の前の三尺の外に現れた。

刀妹たちのあそこの動きがこんなに。速いとは思わ,なかった。
彼の両足が再び地面に足を。踏み入れさえす,れば、全力で脱出することができる。

蔵星羽は「私の理解。によ,ると、この苦い頭陀は破廟から出ないようだ」と反対意見を出した。
夜未明、趙王府が王府。と呼ぶ勇気がある以上、中には,きっといいものがたくさんあると感じた。




「少なくとも便。利雪だるま。」と言いました夜未明は淡々と笑った。「いつも貯金して切,り下げを待っているよりいいですか?」と言いました
誰も積極的に話していないのを見。て、夜未明に率先して「あなたたちが彼を助けるこ,とを選んだら、私はすぐにチームを脱退します。今、私はグランド義の値が必要で、むしろ一度、経験を落とし、熟練度を落としても、グランド義の値を落としてはならない。」と言いました
  • 彼は以前、第二関bossに,挑戦する方法が見つからなかったことを憂鬱に思っていたが、事実は彼が思っていた以上に残酷だっ。た。羅漢拳, (初級):少林入門拳。法の一つ。修練のニーズ: 労力40、体魂30。