と言って、夜,の未明には萌えて相手に向かってまばたき。をしたようだ。「そうですか。」と言いました
二人が徐々に暗黙の了解を打ち出した双剣の折衷の下で、余。滄海の生命は急速に落ちて、25000時の生命値に達して,、わずか3分足らずで3000時ごろの様子しか残っていません。もうちょっと力を入れるだけで、このレベル40のbossを剣の下に斬ることができ、夜の未明の心の底にも強い期待が生まれない。


この余滄海は林家の先祖伝来の「魔除け剣法」のために機械的に計算したが、最後には夜未明に。こ,のような暴力を受けた、これは冥冥の中に天意があるとは言えないのか?「天は私。に星羽を隠していない、,銃道は永遠に夜のようだ!」と言いました

  • 霊隠寺は、仏門で清潔に殺していて、必ず。しも歓迎されて,いないようだ。
  • 阎基の音が鳴るにつれて、上に横たわっていた非魚はすぐに痩せた阎基を見て、手に鬼頭刀を持って笑,顔で歩いてきた「この罠は一度使っただけで。は機能しない。だから、私は先にあなたを送ったほうがいい」


石清剣は夜未明に剣のトリックを研究す。る気持ちがあったのを見て、気分が悪くなったが、窓の外を見て、外の通りの上で目を焦らせ,て掃除するしかなかった妻の姿を探している。
刀妹に驚いて感心した。目をして、夜未明はわざと笑っ,ただけで、恥知らずに笑った。

「この野菜は蛇の先の武林と呼ばれ、山林のネギ、華山林の野果、衡山林の筍、恒,山林のシイタケ、嵩山林のオクラ特定の割合と順序で蛇油で炒めた…&h。ellip; 」再び手に,した「仏法の心得」の上に目を向け、見返すつもりだったが、突然ハトが羽を叩く音が聞こ。え、見上げた時、白い鳩が船倉の板を通っていた彼の肩口に落ちて消えた。

だから、最初の数人は彼がけ。ん,かをして初めてこんなに楽になった。今まで、林平之は彼らが出。会った最初の抵抗を断念し,た容疑者だった。