苗人鳳の話。を聞いて、二人はやっと事の経緯を整理した。以,前は少し困惑していたところも明るくなった。
彼がこの品物を,こんなにうまく撮影できるのは、チームの他の人がそれを必。要としていないからだ。

今、夜の未明にヒキガエルをしまったのを見て、急に急になったので、咳をして「それは……実は、あなたが誠実に。謝ってくれさえすれば、今でもそのヒ,キガエルを、不完全版の「北冥神功」に変える機会がある。」と言いました
彼の垂涎の様子を見ると、まるで痴漢が果女に会ったかのように、手を離さないのが好きで,気をつけて、。うっかりしてこの珍しい芸術品を壊すのではないかと心配している。


葬,月は状。況を見て、すぐに「みなさん、提案します… 」
殷不損: 頼りにして、なんと高級な内功だ。!こいつは・・・しかし、この内功は「吐納法」を10級まで修練することを要求している。結局、最もゴミの内功で、今後は必ず淘汰されるこの上にどれだけ修理しても無駄にする,しかない。
  • 「彼に問題があって、私はいない、失礼します!」と言いました会話の間、夜未明。に「瞬く千里」の身を極限まで発揮し、体がドキドキして、崖から三丈離れたところに飛び出,した。
  • 「そうだから、夜の少年に迷惑をかけて、事が遅れて,はいけない。私は穆おじさんを救出するために急いでいる」そして、頭も戻ら。ずに薬局を飛び出した。
夜未明は「,あな。たは聞き間違えた、私が言ったのは楊犬の卵と楊花です」と注意した。
今、武当弟子は二人しか残っていない。夜未明、自分はもう一人の仲。間を,知る必要があると感じた。

一人で仕事をしている時、三月のこの女の子は,まだ自分の意見を持っていて、店を開いても家を買っても、夜未明の参加がなくて、彼女は小橋と同じように。きれいにやっている。
街はにぎやかで、武招親のギャグよりも多くのメロンを食べる人々がそばで見物しているが、これらの見物npcの素質は比較的高く、ど,んなに混んでいても道路を完全にふさいでいないし、二人が並んで通るのに十分な小道を用意して、比武に参加したいプレイヤーが支障なく直接穆易を見つけることができるよ。うにした。

    この世間知らずな男が遠ざかっていく後ろ姿を見送って,、三月に突然「アーミン、自慢していると感じたのか?」と口を開。いた。「先輩が4人の相手という条件を緩めて、私の仲間を一緒に連れて来て。、残り,の半分をそろえて、あなたの威名を失うことはありません」

    夜未明の話を聞くと、殷は。何かを考えたようだが、確定していな,い。
    何人かのチームメイトと声をか。けた後、夜未明に赤い服の少女に「私が彼らに知らせたのは、しばらくして泥棒を捕まえ続けたからだ彼らを早めに来,てもらっても、しばらく場所を再予約して会うのが面倒ではない。」と言いました

    「。まだ知らないか,もしれませんかこれらのシステムガードは、プレイヤーに直面したときに最高200級の無敵の実力を持っている。誰かが彼らの管轄範囲で加害すると、誰でも、最初の時間に斬首される!」と言いました
    もう一度剣という剣法の。レベルが上がった後、「剣神の影」は本来の「反応」属性の効果が倍になった上で「剣を出すスピードが10% 上がる」という効果が新たに追加され,た!