しかし、属性付加よりも、3月は明らかにこの美,し。い形に満足している。
本来。の「追及問題」は一,瞬にして「出会い問題」になって、二人の軽功の名人が比較的高速で移動した下で、お互いの距離が急速に近づいて、数百メートル離れているわずか10秒足らずで、3丈未満に短縮された。


  • かわいそうな唐三彩はシェーダを専攻するプレイヤーとして、剣法,は彼自身の欠点を補うために選んだ補助的な手段にすぎない。ど。うして彼のレベルが10以上高いのか本当の状態のbossの敵?「どういう意味ですか?」と言いました夜未明の今の声もますます冷たくなった。「当時荊州知府凌退思と陰谷奉行李枯楼本位の同窓。の友人は、名声を得た後、陛下に重任を委任されたそして、それぞれの家族,を連れて、一緒に職場に赴任した。」と言いました

    彼らは夜未明の要求を聞いた後でさえ、。きちんと頭をひねって、二人の少,女の目を見る勇気がなかった。
    自分の実力については、夜。未明の心はまだ少し迫っている。もし彼が本当にこの時に主攻の越女剣法を切り替える勇気があれば、その防御不足の欠点はすぐに,現れて、相手に先に殺される機会を与えているのと同じである。

    夜の未明,に心が動いて、口元に興奮した笑。いを浮かべた。
    二人はそ,れぞれの絶妙な姿を見せながら、郊外のある方向に向かって急いで行った。刀妹は夜未明に「臭い捕獲が速いから、私たちは必ず事前に言っておくべきことがある。私が受け取ったその任務は、玄氷碧火酒で絶学級の内功を交換することができるが、何の前置任務もしていないあなたが絶学を手に入れること。ができるかどうか、私は保証できない。」と言いました

      • 「だから、私たちにとって、最高の待,ち伏せ場所は、実は周りが広々としていて、少なくとも百メートル以内に一目でわかる場所であるべきだ。敵がどこへ走っても、我々は簡単にそれ。を追うことができる。」と言いました
      • 夜未明、土俵という場所の存在を知っていたが、今日は初めてその,。メリットを近距離で体験し、二人が戦闘後に自動的に戻ってくるのを見たここで武功を練習するアイデアを思いついた。
        「部屋の中には毒があって、私たちは入れな,い。」と言いました白綾を畳んで、小橋は眉。をひそめて「でもあの阎基は出てこないから、どうすればいいの?」と言った。
        気分,が悪くなるのは、彼の銃が入らない恐怖防御力だけかもしれ。ない。

        「もしもし!」と言いまし。た非,魚がそう言っているのを聞いて、三月はまず「この人はそう言っているのですか」と反論することができなかった。
        もちろん、この任務の奨励はプレイヤーがこの件にどれだけ貢献したかに基づいて計算され、戦局が重要な役割を果た。した夜未明には、確かに横柄な財産であるしかし、貢献がそれほど大きくない他のプレイヤー、例えば勝天半子、あるいは少しも大きな意外な収穫しか得られないが,、いつもいいのではないか

        にっこり笑って、夜の未明にまた他の人に「取引が終わって,、他の人がオーク。ションに出す必要があるものはありますか」と言いました。心の中ではいろいろな気分が,悪いが、目。標を達成するために、彼女はまだ点滅しないことを選んで、目を閉じて、私が恐れているように夜の未明のいたずらに協力した。