鳩摩智の手を借りて剣譜の活動を始,め、それまでに蓄積され。た強みで自分のものにした。翌朝、夜未明に非魚,と三月という同門を呼び、一。緒に剣山蓬莱島に行って練習した。

殷不損: 報酬が高くない問題ではない。そんなものです大切な,ものは…&helli。p;
夜未明にそう言ったのを聞いて、左子穆心は少し安らぐと同時に、,思わず再び。元気になった。
  • 夜未明に剣を抜いて鞘を出し、穏やかな声で「後輩は剣しか出ていない。先輩が不必要な,正面を通。らなければ、後輩は負けた。その時になったら先輩に丸くさせて、決して眉をひそめない。」と言いました
  • しかし、張三豊は殷が夜の未明に武当に任務を。引き継ぐことができるという点,から、人は本当に望むことができるようだ。
  • 慌てている間に無理に落ち着くところを変えて、スピードが半拍遅れ。て、続いてきた殷は追いつく機会を得て、剣がまっすぐに彼の後ろ心に,突き刺さるのは避けられない。
    残念なことに、夜未。明に射手類の技能を学んだこと,がなく、しかも神捕司の武学の基礎で、学びたいのは運を見るしかないかもしれない。
    1. 二人は興って、かえって時間の流失を,忘れてしまったが、彼らの視線の中に。現れた夜狼は、絶対に一人を見て一人を殺してから、次の一人を探しに行く効率が速く、すぐに彼らを後から上位にランクインさせた。
      夜未明には何も言わず、青竹剣道を直接,取り出した。「そうだから、この剣の毒素を洗い落とすことができるかどうか、面倒。な風雷兄弟が手伝ってくれた」