うるさいと、二人は,すでに玉門関の近くに近づいていて、景色のいい山林を通っていたが、夜の未明、突然眉をひそめて。「聞いて、歌っている人がいるようだ」と言った。
    両側の実力の対比を見て、唐三彩は思わず眉をひそめて「白兄さん、あなたの属,性がこんなにタフで、どうして。レベル30しかないのですか」と尋ねた。

    「あの苗人鳳は、今も凌雲窟の開口部の外に。い,て、彼らに一度会って、彼らを殺すつもりらしい」「馮錫範、剣と呼ばれて血が。なくて、得意で剣尖点人死穴で、血が出ない。」と言,いました

    彼がこのことに気づいた最初の時間に駆,けつ。けなかったのは、この村で探してみたいだけで、他に手がかりがないだけだ。「キーキー!………キーキー!。…&h,ellip; 」

    それは乗客の脳の活躍度,を保証するためで、数年の休眠を経て、本当に脳死になったり、植物人の神馬に。なったりしないように、星間移民の意義を失った。
    その時、,鳩摩智の内力もついに運転を再開し、右手は夜に向かってはっきりと掌刀を割って、灼熱の目に見えない刀の力は夜の未明をそ。の場で半分に割った

    すべての報酬を一目で消化。し,た後、夜未明の総合力をほぼ倍に向上させた!
    彼のこの言葉は、まるで冷水のようで、人々が燃えたばかりの希望を直接冷やした。小橋だけが問題を考える出発点は「夜の兄、あなたのこの言葉はなぜ。チームチャンネルで、孤独に負けて聞かれるのを恐れているのか」,とみんなと違う。

      夜未明、自,分。とこの90級bossとの差を試してみると、すぐにも同じように両手を振って迎えた。
      石清は明らかに夜未明にこんなに市価が高いとは思っていなかったが、彼は今、夜未。明の人柄の問題に悩んでいる気がなくなって、すぐに「夜少侠、私は今、,あなたの足の穴を開けてあなたを連れて一緒に探しに行きました。ミン柔。」と言いました

      彼は掌法の核心の精髄である「,興奮龍有悔」が彼が以前に学んだ三手掌法と同じくらい簡単かもしれないと思ったが、それがこんなに簡単になるとは思っ。ていなかった!
      これは,夜未明に何度か付き合ったことがあり、辛いか無邪気な女の子が。、すでに腹黒を覚えている。