振り返っ,てみると、非魚は以前隠れていた森から馬を走らせ、夜の未明を見て「任務は完成した。」と笑った。
誰かがこのよう,。なものを買うときにも値段を話しなければならない!

今回は、夜未明に彼らは途中で出家して救出段誉の任務を受けたが、人々は乾杯の。側を朝から落ち着いて配置し始めた。彼は万劫谷に後手を配置したのか、夜未,明も予想できなかった。
「しかし、このよう。な有名な江湖の悪人は、有名な絶技の力があなたの県の祖,父より劣っているとは言えない」

「最高拝、満清第一勇士と呼ばれ、実力も軽視できない。しかし、それに比べて、彼の実力は4人の中で最も弱い,。ものであるべきだ。」と言いました
刀妹の愚痴の目つきは、夜未明には完全に無視を選んだが、石,中玉が落とした二つの品物の上に遊びの目を落と。した。
    こ,の時まで、夜未明にやっと空を抜いてシステムの舞台裏を見たが、以前のハトはすべての親友からのお祝いの手紙で、彼が絶学を得たことをお祝いして、ついでに雲。雲を招待することを要求した。
    少なく。ともその掌を通ったばかりで、夜未明には彼の掌力に実質的な変化があるとは感じな,かった。
    • 結局、「万里一行」も高級な軽功といえるが、,いつも「階段雲縦」の高級、大気、高級には及ばない。。
    • しかし、夜未明にこの掌飛龍が天で打ち出,した効。果はこれだけではない。
      誰もがこの男が何人いるのかを考え,ているとき、この自己感覚の良い雲華上仙は「雲は花を着たい、春風を着たい&he。llip; 」
      彼の後ろに立っている非魚は、夜未明の指示を受けた後、すぐに三人前に相談した対策に従って、紙ペンを取り出し、書きながら、口。の中で同時に言いました: 「余滄海容疑者は犯罪事実を認めないことを拒否し、巧みな言葉の色だけでなく、人前で朝廷の役人差をののしって、そこにいる江湖の人の感情を扇動して、朝廷との間の矛盾を作ることを意図して、その,心は処罰できる!」と言いました

      以前の段延慶との会。話から、段延慶ではなく、鐘万仇や神秘的な名人から受け取った任務である可能性が高いというニ,ュースを判断するのは容易ではない。
      この角度から見ると、この任務のルールは人間性その,ものの。好き嫌いと一致していないようだ。

        「左盟主、どうぞ手を出して。ください。私たちは私たちの死を使って,、余観主の無実を証明したいです!」と言いましたこの苗人鳳が登場して以来の様々な表現と、彼が以前自分で。その侠気の縦横を語った物語から分かるように彼はこのように名頭を生命,よりも大切に思っている冷酷な人だ!