「それは違います。」と言いました洪七公のような世外の優秀な人に向かって、夜,未明に正直になることにした。「この焼肉はとっくに噛まれているので、上に付。加された属性がないこともわかったただの食べ物だ。以前の口は、当然戦闘中に噛まれ、一時的に属性を高めるために使われていた…… 」
この小橋妹は「テレビに出る」ことに理解しにくい執着を持っているようで、二度の協力を経て。、四人の間も知り合いになった彼女もだんだん自分を放,ち始め、アンドロメダのイメージを無視して大声で叫んだ。

さっ。き、彼はまるまる10問の数学問題の計算を終えた後、突然、周りのすべてが彼の計算の中で、自分の攻撃のような幸せな気持ちが生まれた敵はまったく止めることができず、避けることができない。剣,に続いて突き刺さると、全身の上下の筋肉、内力を完璧に引き出すことができ、内力と筋肉の協力も言葉にならない程度に達した。
向こうから自分に向かって来た男を見て、夜未明、自分が衝動的にここで青竹剣の秘密を活性化していないことに再び感謝した。自分の体をこの男の前に露出させると、彼の損失は,決して10% の経験と武功の熟練度ほど簡単。ではない。


だ。から、彼はこの掌の威力を早めに活性化しようとしたが、やはり傷害相殺を出して、敵の寒毛を傷つけることはで,きなかったが、彼自身も何もなかった!
だから、二人が石室から出てきたとき、まるで服装がはっきりしていて、気が落ち着いている,様子で、彼らのジョークを準備していた鐘万仇を雲中鶴が提供した春薬が賞味期限を過ぎた不良品かどう。か疑問になり始めた。

夜の未明にうなずいた。「ロープを見て、前,に行ってくれないか?」と言いま。した
殺伐決断といえば、手が冷,酷で、彼女も。誰も不服で、夜の未明に服を着ている!

    1. システム公告の中で、夜未明に地上で死んでも死んでもいない死体を見て、穏やかに言った。「最後の言葉はあなたが終わっていないので、私はあなたのために彼を言いましたあ。なたを死なせましょう。」と言,いました
      同時に、様々なレベルのボスを。磨く時には、様々な良い装備が爆発し、その中に金の品質と緑,の品質を残した後青装はすべて三月に渡してお金を売ると、五口の黄樺棺のお金がもうけられた。
      このような回復速度は、,プレイヤーの回復速度とほぼ一致し。ています!
      何の躊躇もなく,、夜未明に手にした青竹剣は羅人傑を。指して「あなた、来て!」と言いました

      ただ、この秦南琴を呼ぶのは、楊過に,は確かに比類のない殺傷力を持っているようで、飛花剣令のような実。用的ではない。
      他,の人が苦労して宝器を求めるために手に入らない時、夜未明の体にはすでに宝器級の宝剣が常備され。ていた。

      • しかし、彼が本当に間違っていると推測しても、必ずしも穴に入れら。れるとは限,らない。各種の暗器は雨粒のように落下しますが、遊龍導鳳の防御の下で身を近づけるものは一枚もありません。夜未明、遊龍誘鳳の防御力で、このようにシェーダを押して、相手が隠れている小さな木の下に飛び込んで、幹が相手の攻撃角度のニュートラルを遮り、激しく攻撃に転身し、青竹剣が横行して出て行ったこの食器の,口の太さの小さい怠惰な腰を直接二。つに切った!