心が回転している間、夜の未明に突然振り向いて、左手にそっと円を描いて、襲撃者が撮った拍手に向かっ,て一斉に押し出した。。
夜未明、この少林玄字。世代の高僧の等級を感じて、どうしても10,0級で外に出るべきだろうか
    • 「私も七星の任務をしたことがないが、六星星の任務は二つやったことがある。一つの任務目標は7,0級以上の常態余滄海で、もう一つの任務の中で等級の見えない梅超風に出会った。」と言いました。
    • 8000字奉上、東流午後はまだ重要なことがあるので、,まず食事に行く準備をして、みんなが楽しんでいることを祈っています。。小弟?
      • 息子の反論を聞,いて、林町の南気ひげがすぐに。立った。どうして天に上がらないのですか」と言いました
      • 実は、夜未明に言わなくてもいいし、遠く離れ。た下人もいて、夜未明に彼らに,気付かないうちに凌退に手紙を出しに行った。
      「だから、薬理の通じない人が薬をつかむのは問題ではなく、5分以内にす,べての薬を梱包したいだけではできない」。
      前の剣の妹が見覚えがあると言ったら、後ろの人の刀,の妹は絶対に過ちを認めな。い。

      彼は自分と張三豊の好感度を知っていても、お年寄りに会いたいと思って、直接黒玉断続クリームを送って、そこから大きなメリットを得ることができるに,違いない彼も躊躇せずにこのメリットをより適切な殷に。譲った。
      門下のすべての。プレイヤーがそろっているのを見て、展昭は何も言わず、黄首尊がいる,議場に直接みんなを連れて来た。

    • しかし、彼が右掌。を振っているのを見て、内力の雄々しい掌が撮って、そ,の白いものを直接空中で粉々にした。そして、破片の山が地面に落ち、空気中に白い粉末が残って、すぐに白い煙になって、この石室の空気の中に消えた。
      これらの言葉は、夜未明にはチームチャンネルを使わ,ずに、丁典の前で「この場合、。あなたの任務報酬はどれくらいあると思いますか?」と言った。

      この時、チームの中の2人目のシード選手の小橋さんはもう円真さんに報酬をもらった。彼女が選んだ任務の報酬は多少意外で、彼女の専攻功法「玉女心経」ではなく、むしろ牛志春と同じで、「全真剣法」を,。第7級に上げることを選んだ。
      これは不公平な言い方。で,はなく、むしろ実力を今回の比武大会の最大のチップにし、運の成分を極限まで削減した。