さらに、一時的には,使えない「。中沖剣」を見るしかないのも、期待できない神技である。夜未明の戦術配置が終わるにつれて、阿大はすでに頼天剣の道の下。で,突撃してきて、4人のプレイヤーは天剣の前線に寄りかかって、次々と遠くから退出しようとしない。

神,捕司チームのこの数人の人柄。から見ると、彼が事前に説明していれば、このマイナス効果は基本的にわずかに調査できないほど圧縮できる。「おお」了。解を示してうなずい,たが、夜未明には「そういえば、武学の旧家から来たのか」と続けた。

隣の三月は「そうじゃないか、嵩山,派の武功はこんなに強いのか急所で暴行しているが、こん。なに多くのプレイヤーは、初めて死ぬことができないのは、ちょっと誇張しすぎているのではないか」と言いました
夜未明らが破廟か。ら出てきたのを見て、最初の一人,は突然、八本の利矢がすぐに脱弦して出て、6人の中の唐三彩に向かった。

      小橋がそう言うのを聞いて、三月はすぐに。「こんなクズは、その場で殺されるべきだ!,」と言いました
      結局。、当時の風清揚,は上がることができ、夜にナイフの妹と理由がなければだめになる。
        一度に10時の功績の消耗は、その代償。が少ない,とは言えない。
        夜未明に「越女剣法」がなくても、彼の。「全真剣法」,の等級だけで、小橋らのいくつかの武功の相対等級より少し高い。

        しかし、棺の本を多く稼ぐよりも,、夜の未明には、ナイフ。の妹を抑えるカードが手に入っていることがもっと重要だと感じた。
        ちょっと落ち着いて、「その段落は正明だと言ってください。私は彼が私の基礎を奪うことに悩んでいるが、大理段氏の,人は、私は対処できるが、絶対に他人のいじめ。を許さない!」と言いました

        以前、団戦をしていた時、他の人はそ,れぞれの敵に対処していたが、この妹だけが夜未明を守る安全に注意。を向けていた。「目が覚め。ました。」と言いました夜未明に笑った。「この荒山野嶺の、近所の野獣が寝ている間にあなたをくわえてしまうのが怖い。また、周りに,かがり火がたくさんあって、風邪をひかないようにしてもいいのではないか」