• 「あの陸展。元は死んでいた。これは悪人が天を持って収穫したということだ。しかし、あなたにとって、心の中にはやはり火が出ていない,ので、やはり非常に息苦しくなる。」と言いました
    • 夜未明に怒りを募らせ、同時に少年に親指を立てた。「あなたの名前は本当に個性がある。しかし、この名前は私のような上品な人,は口に出せない。そうでなければ、私。たちは簡略化して、私はあなたを阿種と呼んで、あなたは私の兄と呼んでどうですか」と言いました
      夜未明にも彼の岬を利用して3月にどのように掛けたいのか、試してみると,、岬の中は本当に使えるのか!。
      「私はそこで転んで、どこ,で起き上がったのか!。」と言いました

      今、何人,かの小さな仲間が彼の目を見て違う。ようになった。
      もう康橋: 私の体は輝いて、雲を持って行けない。使用後、軽功のレベルを上げることができます (注: 最大で。高級軽功に使用でき、レベル7までしか上げることができません) 、理解力 +, 1。

        • B。ossがだんだん遠くなるのを見て、魚ではない心は無,力だ。
        • 凌退思は心の中で働いて、荊州府雅と彼の龍沙助をほぼ一つにしただけでなく、普段から仕事を始めても水が漏れない。彼が官吏としてどんなに清廉であるかというと、それはナンセンスだが、数十年後、丁典と狄雲という二つの事件を除いて、普段の表,現も他の役人とあまり違うもっと上手に表現してくださ。い。

        「そういえば、毒物が混ざった後の特殊な効果に感謝して、この方法であなたを。殺すことができると思った」夜未明に人畜無害に笑っ,た。「あなたは本当に、あなた一人で毒を使うと思っているのではないでしょうか」「,あ!?」三月は驚いて、急いで「何があったの?」と尋ねた。。

        よく考えてみる。と、人にも確かに覇気のある資本がある,ようだ。
        多くの。人の中で彼に次ぐ流雲で,あっても、今ではお互いの本当のギャップを感じている。