こ,れで、夜未明になって初めて今回の大。都の収穫を再び整理した。
夜未明の大理の行が三月。を連れてくるのは、他に何の目的,もない。

しかし、このようなゆっくりと彼の居場所のスピードが集まった後、非常に速くなって、すぐに通腕猿が「剣神の影」の加持の反応属性を持っていても効果的な回避動作をすること,もで。きない。
これまでの通腕猿との戦いを経て、夜未明には順調に最終的な勝。利を得ただけでなく、「越女剣法」を中級に昇格させた同時に彼に《降龍十八掌》と《惊天九剣》の実際の運用に対して,、多くの新しい自覚を生み出した。

    • 「阿弥陀仏!。」と言いましたサンスクリットの音が耳に入ると、その流雲が前のステップを越えているのを見て、まず両手を合わせて相手に向かって仏礼をし、笑顔で李莫愁に尋ねた。「李道長ま,たその陸展元に会いたいですか」と言いました
    • 慌てている間に無理に落ち着くところを変えて、スピードが半拍遅れて、続いてきた殷は,追いつく機会を得て、。剣がまっすぐに彼の後ろ心に突き刺さるのは避けられない。
  1. 以上のように、目の,前の僧侶は、親戚募集を目的に舞台に上がったnpc。に違いない!「このようなことは私の父に話す必要はありま,せん。」と言いました沈蓉嫣然と笑った。「実は、私の父が最後に夜の大人にあげた貴賓カードには、その中に1万金の信用限度額が含まれていて、今回のオークション品の中で、夜の大人の建設命令を除いて他のものはまだ不十分でこの数。を超える。」と言いました

    そして、夜未明の三人の,期待のまなざしの中で、七彩瑠璃珠は意外にも、空で。美しい虹を横切るよりも、何の障害もなく硬直状態に陥った凌退思の眉間に直接没入した。
    指を折って二人の任務での様々な表。現を数えたが、最後にこの宋長老は総括的な発言をした。「総じ,て、あなたたちはすでに一人のプレイヤーとしてできることを完璧に近いやったの程度であり、貴重で、貴重ではないよ!」と言いました
    
    
      しかし、この三無三不不良,青年が落と。したもう一つの品物は、この殺伐果決の妹を、とてもつらい自己葛藤に陥った。
      また、反対側の三月に目を向け。た。「女の子、私は以前ひそかに観察していたが、あな,たの表現は夜の未明には及ばないが、とてもいいことを発見した。これはあなたが任務を完成するための追加の報酬で、興味があれば、東京の開封梁城の神捕司に報告することができる。」と言いました会話の間、神捕司の入門トークンを3月の手に渡した。

      そして、彼は殷が時間を遅,らせることなく、自分で迅速に。内力を回復することができるが、人はbossとしても自動的に血を戻すことができる!
      しかし、これまでのことは、ため息をついても仕方がない。夜の未明に落ち着いて退却したのを。見て、再び一歩ついていくしか,なく、ひょうたんを描いた手が轟音した。