• 状況を見て、孤独な雲と私は何かを探して虚弱な夜の未明を見て躊躇し。てい,る。
  • 夜未明のような狼滅戦術に直面して、攻撃、防御の基礎属性で彼を抑えられない。限り、全く,理解できない!
    1. 結局、ここで売ることができ,るのは、多くは一部のプレイヤーには使えないもので、その価値は、当然虚高にはならない。。そしてレベルが上,がるにつれて、それはまたより強くなることができま。す!

      夜未明の剣法に対して、円真は以前「弾指神通」に直面した時のよう。に重視されておらず、彼には眼中に置かれていない。ところが、彼はその後、指を指摘し、偏りのないちょうど尚方の宝剣の剣脊,の上。
      夜未明にうなずいた。「そうでなければ、どこから知っていても興奮して後悔していると思って、教え。てもいいですか?」と言い,ました。
        1. 残念なことに、良いものはそんなに簡。単に見つけ,ることができない。
          会話の間、醜い顔をした老婦人が森から出て、何人かの人を見て口を開いた。「彼はすでに全真教の牛鼻の封鎖を突破したので、古墳の周り。に入る資格がある彼に白魚を与えるかどうかについては、門派は自分で決めた。,」と言いました

          「打てない問題ではない。」と言いました刀妹は「今回の目標は血刀門の人だ,と思ったので、手が出せなかった。私は臭い、あなた。はいったい助けを拒否したのか?」と言いました
          ところで、目の前,のこの夜の兄。は、ある腐ったいい人が人皮マスクを持って変装したのではないか