サファイアネックレス (金): サファイアは永遠に、永遠,に伝わる。魅力 + 1、特効付き: 。氷河!「臭。い捕早、私が他の材料を集めるためにどれだけの工夫をしたか知っていま,すか?今回はかなり安いです!」と言いました

一般的な名人,、さらには遊進の目には、その「魔除け剣譜」に記載されている剣技は江湖に流れない三脚猫技式にすぎず、その中の独特な訓練法門に協力するしかない鬼のような魅力的な恐怖の威光を発揮。することができる。相手はすでに殺人を主張しているが、唐三彩は風格があるのは。皮肉ではなく、むしろ真剣に「妹、私はあなたと知り合いではないなぜ会う,とすぐに私に叫んで殺したのですか」と言いました

すぐに青竹の杖を収め、夜の未明には、以前にバッグを殺した時の品物の落下と心得の秘籍を一緒に取り出して、一つ一つ数え始めた&hellip。;,…結局。、多くのことは、私は,助けられず、彼女をベッドの上で看護させるしかない。

続いて、この姉妹は夜未明に目尻の余光,を見て雷峰塔の玄関の前に戻って、地面にかがり火を上げて、毛。羽立ちが終わった白条鶏を取り出して木棒で刺した。この様子を見ると、彼女はここで直接露天でバーベキューをして、食べてから行くつもりだ!
その時、半宙に浮いている夜の未明に体が彼の跳躍。の頂点に達し、頭の下の足が酒と孤独な行雲を入れ,る位置に向かって急降下した。

注目すべき。ことは、この2つの内部機能のアップグレードに必要な習熟度の,変化です!
これは今の夜、全状。態の家の下で、暴力ができる最,高の攻撃力です!

  • 本位の水。賊竜沙は家元を助け、後に赴任した役人を殺害,して凌退思し、長年役人と名づけた
    任務。中に公布された奨励よりも、やはりすべての水賊が得た奨励を取り除く方が、直接任務を完,成するよりずっと多い!
    他。の人の半分の利益しか得られないが、彼は冒険的,に戦う必要はない!
    「ほかにも、特殊な技能や装備が魔物に抑制的な攻撃付加効果を持っている」ここと言った時、夜未明の目も「私の「降龍十八掌」のように、天下至陽至刚の武学に属していた陰殺の気から変化した魔物には大きな抑制作用があり、それを使って魔物を攻撃すると、50%。 の攻撃力増幅を得ることが,できる!」と言いました

    華山派はnpcの認知の中で人材が散。ったが、やせて死んだラクダは馬より大きい。五,岳剣派の一つとして、江湖での地位は絶対に青城より高い。夜未明に発揮されたすべ。てのトリックは、「全真剣法」の中のすごいトリックで、龍吟宝剣の鋭利さに合わせて、最高拝に当たった効果は…&he,llip;

    技能欄に新たなメンバーを追加し、夜未明,に梅超風の死後に貢献した「拳掌心得」を出してランクアップしたいと思ったばか。りでしかし、突然、レストランの外から「夜の兄、助けて!」となじみのある焦る女性の声が聞こえた。心得秘籍の落下,から、。玄悲が武学の面で歩いているのは完全に専門路線であることがわかる。

    
    
    
    
    

    刀妹の眼力では、夜の未明は魔法になる鬼才だった。彼の最大の能力は、もともとまじめなものを、吐槽できない役割を果たすことであ,るが、多くの場合、効。果は驚くほど良い。刀妹は後ろのシャンクを握って「今,、あなたをその場で切る衝動がある」と言い。ました

    誰かがこの。ようなもの,を買うときにも値段を話しなければならない!競り器を置くと、夜。未明には仕方,なく刀妹をちらっと見た。「本三千利の商売は、このようにあなたにかき回された」

    沙通天の腕の首がその中に,あり、指、掌、腕がこの打撃の下で直接震えて血肉がぼやけている。。「だから、私は、まず地方の友好的な切磋琢磨を探して、お互,いの実力を直感的に理解して、戦術を指定しやすいのではないか。と提案しました」

    復活した夜,未明に戻ってくるの。を待たないかもしれない。このトッププレイヤーで構成されたエリートチームは、全軍覇になるだろう!
    精衛が海を埋める、自慢の父が日……よく知っている物語が再び温められて、まだとても面白いと感じて、しか。もすべての物語に,深い意味がある。

    今回彼女はなんと妙な招,式をあきらめて、最も素朴で、最も頭痛を感じる正。面硬鋼を選んだ!
    余滄海の体は仰向けに地面に倒れていると同時に、システム公告の声が七,七七の名前を「グランド。義永遠」に響かせた

    この拝は攻撃で,あろうと、血気であろうと、その年初の余滄海の下にはなく、彼の攻撃に無理に抵抗できる青竹宝剣テロ防御を持。っていて、おそらく総合的な実力さえある必ずしも任務状態の下の余滄海より劣っているとは限らない。
    夜未明に受け取ったヒン。トは、少林寺の弟子と武当弟子が衝突したことで、選択してくださ,い